チェリーパイが焼けたわよ

さいたま市の子育て情報やグルメ情報を発信しています。

さいたま市 見沼代用水(西縁)の桜回廊でお花見サイクリング

f:id:cherrypie-saitama:20190407215911j:plain

さいたま市には桜の名所がたくさんありますが、その中でも特に有名なのが、「日本一の桜回廊」の呼び声が高い「見沼代用水」沿いの桜回廊です。

見沼田んぼ」を流れる水路沿い約20キロに渡り、等間隔に植えられた桜の回廊が延々と続いており、花見の盛りの時期にはたくさんの人々がウォーキングやサイクリングを楽しんでいます。

我が家も今年、見沼代用水でお花見を楽しんできたので、その時の様子をご紹介します。

 

 

見沼代用水とは?

見沼代用水(みぬまだいようすい)は、江戸時代に作られた灌漑農業用水のことで、日本三大農業用水の一つと言われています。

その流れは、埼玉県行田市付近の利根川から始まり、東縁代用水路は東京都足立区、西縁代用水路はさいたま市南区まで続いています。

f:id:cherrypie-saitama:20190407212745j:plain

手作り感満載の図で申し訳ありませんが、こちらは市で配布されている「見沼田んぼの桜回廊ガイドブック」に載っている桜回廊の全体図です。

緑の部分が「見沼田んぼ」と呼ばれる地帯で、その部分を囲うように流れているのが「見沼代用水」です。

左側が西縁(にしべり)、右側が東縁(ひがしべり)と呼ばれ、どちらも桜の回廊になっています。

 

桜回廊の長さは、西縁と東縁を合わせて計20.25kmもあります。

桜の本数は、西縁が1,148本、東縁709本、通船堀127本と、合わせて 1,984本となっています。(2019/3/31現在)

以下のホームページで、見どころの紹介や開花情報を見ることができます。

www.minumatanbo-saitama.jp

 

見沼代用水「西縁」の桜の風景

今年、我が家がお花見をしたのは、見沼代用水の「西縁」です。

高速の見沼I.C付近から、緑区の見沼氷川公園までの約3.5kmの道のりを、サイクリングしながらお花見しました。

 

出発地付近の桜です。昨日4/6に丁度見ごろを迎えていました。

f:id:cherrypie-saitama:20190407155307j:plain

少し進んで、さいたま市立病院付近の写真。

見沼代用水の桜回廊は、橋の上から撮影すると綺麗な写真が撮れます。

水路が桜の花びらに覆われているのも風流ですね~。

f:id:cherrypie-saitama:20190407155319j:plain

 

下の写真のように、約10メートルの等間隔で桜の木が植えられています。

周囲は、外側が住宅街で、内側が畑のことが多いです。内側には、広大な見沼田んぼが広がっています。

f:id:cherrypie-saitama:20190407155324j:plain

こんな風にサイクリングを楽しみました。

回廊はたくさんの人で賑わっていましたが、窮屈な混み方ではなく、普通に散歩を楽しめる程度でした。

水路沿いにはたくさんのベンチが設置されているので、皆さんベンチに座って休憩したりお弁当を食べたりしていました。

 

桜の季節には、菜の花も綺麗な黄色の花を咲かせています。

緑区に入り、見沼氷川公園が近づくと、菜の花畑が多くなってきます。

f:id:cherrypie-saitama:20190407155328j:plain

20~30分で、見沼氷川公園へ到着。

f:id:cherrypie-saitama:20190407155332j:plain

こちらも桜が綺麗な公園で、お花見客が大勢いました。

駐車場は満車でしたが、園内はそれほど人でごった返しているわけではなく、のんびり過ごすことができました。

 

このように、どこまでも続く桜回廊を、ひたすら自転車を走らせて進みました。

水路沿いは、たいてい砂利道と舗装された道が並んでいるので、ウォーキングの方もサイクリングの方も安心して楽しむことができます。

またほとんどが平地で起伏があまりないので、自転車だと気持ち良く走ることができますよ。

 

ただし、桜回廊のための駐車場はありませんので、公共交通機関で来る必要があるのが少しハードルが高めですね。

路上駐車は禁止で、畑は私有地なので立ち入り禁止です。

自然を大切にするために、ルールを守って楽しみたいところです。

 

今年の桜はまだ満開の木も多く、今週の平日のうちはお花見が楽しめそうです。

ぜひ、足を運んでみてくださいね。