チェリーパイが焼けたわよ

さいたま市の子育て情報やグルメ情報を発信しています。

【無料で絵本がもらえます】さいたま市のブックスタート事業について

娘が4ヶ月を迎えてすぐ、さいたま市ブックスタート事業で赤ちゃん向けの絵本が頂けるので、引換券を持って子育て支援センターへ行ってきました。

今回は、絵本を頂いた際の様子と、制度の概要をまとめています。

 

目次

 

 

●●●●●●●●●●●●● 

 

ブックスタート事業とは

さいたま市では、絵本を通じて赤ちゃんとゆっくりふれあい、心安らぐひとときを過ごしていただくことを願い、「ブックスタート事業」を実施しています。

各会場では、絵本をプレゼントするとともに、子育て支援センター職員が絵本の読み聞かせ方や選び方をアドバイスします。会場となっているセンターでは、本を受け取った後に遊んだり、他の来場者とお話したりすることもできます。赤ちゃんと一緒に、ぜひお越しくださいね。(さいたま市HPより引用)

 

引換券は、4ヶ月検診の問診票と一緒に自宅に郵送されてきて、4ヶ月~10ヶ月の間に引き換えられるので、待っていました(1歳の誕生日の前日までは引換え可能だそうです)。

絵本の引換えが、市役所ではなく子育て支援センターで行われているのは、おそらくセンターへ誘導する目的もあるのかな?

実際、センターの雰囲気も見ることができるし、職員さんが「遊んでいきませんか?」と案内してくださるので、良い仕組みかなーと思います。

ちなみに、引換えは、単独型支援センターであれば、住んでいる区以外のセンターでも行えるそうです。

 

 

どんな絵本がもらえるの?

第一子の息子の時は、「じゃあじゃあびりびり」を頂きました。

f:id:cherrypie-saitama:20190302061754j:plain


 

第二子以降は、「もうおきるかな?」と「てんてんてん」の二冊から選べたので、

私は「もうおきるかな?」にしました。

f:id:cherrypie-saitama:20190302061758j:plain

 

どちらも厚手の紙でできた絵本なので、破れにくいのが嬉しい。

私が絵本が好きなので、家には絵本がたくさんありますが、息子が1歳前後の時に、結構やぶられてしまいました。

まぁ、赤ちゃんにとっては紙をやぶるのも遊びなので、仕方ないですが...

厚手の紙だと、紙の端で手を切る心配も少なくなるので、良いですよね。

 

 

絵本をもらった時の様子

絵本を頂く際に、子育て支援センターの職員さんが、読み聞かせのポイントを教えてくださいました。

実際に読み聞かせながら教えてくださるのですが、これ、息子のときも娘のときも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

なぜかというと、職員さんはめちゃめちゃ感情を込めて語りかけてくれているのに、息子も娘もガン無視よ。

なんならちょっと不審者を見るような目で職員さんを見てるから。

もっと赤ちゃんらしく「キャッキャ!」とか言ってください。笑

 

絵本と一緒に「ブックスタートガイドブック」も頂きました。

おすすめの絵本がたくさん紹介されていたので、参考にしようと思います。

 

ちなみに、娘は「じゃあじゃあびりびり」の方が好きみたいです。

音の表現が楽しいみたいで、「わんわんわん(犬)」とか「かんかんかん(踏切)」のページで特にニコニコしています。

 

 

ブックスタートに関するリンク

ブックスタート事業についての情報が掲載されているHPを、以下にまとめておきます。

 

 

さいたま市HP

www.city.saitama.jp

 

 

さいたま市子育てWEB

www.saitama-kosodate.jp