チェリーパイが焼けたわよ

さいたま市の子育て・グルメ・遊び場の情報を発信しているブログです。

【浦和区】アカシエ【さいたま市でいちばん有名なケーキ屋さん】

f:id:cherrypie-saitama:20191003125608j:plain

雑誌やネットでよく紹介されているアカシエってどんなお店?どんなケーキが食べられるのかな?

 

北浦和に本店を構えるアカシエ(ACACIER)といえば、さいたま市でいちばん有名なケーキ屋さんとして知られています。

北浦和と浦和にお店があり、どちらも連日お客さんでいっぱいの人気店です。 

この記事では、北浦和にある本店の様子と、アカシエで食べられるケーキをご紹介します。

 

 

アカシエ 北浦和本店はこんなお店

f:id:cherrypie-saitama:20191011154457j:plain

アカシエ 北浦和本店は、2018年10月にオープンしました。

もともと大人気だった浦和店に次ぐ2店舗目ですが、今はこちらの北浦和のお店が本店となっています。

アカシエのお菓子は、TV番組でも取り上げられたことがありTwitterでの口コミを見ても、その人気は一目瞭然。

 

 

 

浦和店のみの頃はいつも行列ができていましたが、北浦和本店は浦和店に比べて格段にスペースが広いので、ゆっくりお菓子を選ぶことができますよ。

ここからは、アカシエのパティシエさんが日本中を探し回って見つけた食材で作る、おいしいお菓子をご紹介します。

 

アカシエ 北浦和本店で食べられるお菓子

ケーキは大人向けの繊細な味で、ビジュアルが宝石

アカシエのケーキの特徴は、なんといってもその美しさ!

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

アカシエさん(@acacier2007)がシェアした投稿 -

 

写真は公式Instagramから。

美しいだけじゃなく、とても洗練されています。

埼玉っぽくない!

季節のフルーツをたっぷり使ったタルトから、定番のショートケーキまで、どれも本当に美しい。もう宝石。

 

そんなケーキの中でも筆者がいちばんおすすめしたいのが、ミルフィーユ(630円+税)です。

f:id:cherrypie-saitama:20191011154516j:plain

アカシエでは、「ミルフィユ・トラディショネル」という名前がついています。

フルーツなどは入っていない、パイとカスタードクリームのみの直球勝負のケーキです。

何がおいしいって、このパイ生地が、びっくりするくらいサクサク!

断面の美しさと、このサクサク感、町のケーキ屋さんではなかなかお目にかかれません。

さいたまでいちばんおいしいミルフィーユと言っても過言ではない!

 

続いて、アカシエの顔ともいえるケーキが、この「アントワネット」(700円+税)。

f:id:cherrypie-saitama:20191011154531j:plain

その名のとおり、フランス王妃マリー・アントワネットをイメージしたケーキ。

伝統的なフランス菓子の「サントノレ」をアレンジしたもので、リング状のシューの上に、小さいシューが3つ乗り、それをクリームでデコレーションしています。

可愛いピンクのクリームは薔薇風味、シューの中には赤すぐりのクリームやベリーのジュレが入っていて、甘さと酸っぱさのハーモニーを楽しむケーキです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

アカシエさん(@acacier2007)がシェアした投稿 -

 

上の写真はホール。さすがは看板商品、この華やかさは反則もの。

ただし、「薔薇」、「甘酸っぱい」、「赤すぐり」、などのキーワードからわかるように、完全に大人の女性向けのケーキです。

我が家の男子(息子4歳、夫30代【舌年齢6歳】)からはめっちゃ不評ということも、敢えてお伝えしておきます。笑

 

他にも、季節のタルト、モンブラン、チーズケーキなど、人気商品がたくさん。

f:id:cherrypie-saitama:20191011154557j:plain

ケーキの価格帯は500円~700円前後と高めなので、残念ながら我が家では、普段使いのケーキ屋さんにはできません。
誕生日や母の日など、特別なイベントのときに食べることが多いです。

 

焼き菓子は、バラから箱入りまで豊富に揃っています

アカシエは、焼き菓子も豊富に置いてあるので、手みやげやちょっとしたお礼のお菓子を選ぶときにも重宝します。

f:id:cherrypie-saitama:20191011154612j:plain

上の写真は焼き菓子コーナーの様子。

マドレーヌからチョコレートまで、何でもあります。

今回、我が家では、息子のチョイスでブール・ド・ネージュ(680円+税)を食べました。

f:id:cherrypie-saitama:20191011154636j:plain

サクサクでおいしかった!

オリジナルのパッケージがオシャレで、贈り物にぴったり。

 

そのほかに人気の焼き菓子は、北浦和本店のオープンに合わせて作られたという「マドレーヌ・ド・サイタマ」

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

アカシエさん(@acacier2007)がシェアした投稿 -

 

こちらのマドレーヌは、埼玉県産の小麦粉・卵・はちみつを使って作られているようです。

今後、郷土のお菓子になっていくのかなぁ。

 

カフェも併設。パフェなどのスペシャルメニューが食べられる

アカシエにはカフェが併設されていて、購入したケーキをその場で食べることができます。

ケーキだけではなく、こんなパフェも…

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

アカシエさん(@acacier2007)がシェアした投稿 -

 

ビジュアルが最高すぎ!

さすがに子連れで利用するには勇気が必要な空間なので、子どもがもう少し大きくなったら一緒に行ってみたいな~。

 

アカシエの焼き菓子はオンラインショップでも買える

f:id:cherrypie-saitama:20191011154657j:plain

アカシエの焼き菓子は、公式ホームページ内のオンラインショップでも買うことができます。

shop.cake-cake.net

 

「アカシエのお菓子を食べてみたいけど、さいたまは遠いなぁ」という方は、オンラインショップでお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

 

◆◆おわりに◆◆

アカシエのケーキに対する筆者のイメージは、「子どもに内緒で食べる大人のご褒美」

見た目も味も大人向けだし、本音を言うと、

子どもに700円もするケーキを食べさせるのは気が引ける~!

たまには夫婦でゆっくり、子どもが寝静まったあとで、アカシエのケーキでティータイム、なんていかがでしょう。

洗練された大人の気分を味わえること間違いなし。

 

さいたま市のケーキ屋さんといえばアングランパも有名!

www.cherrypie-saitama.com

 

アカシエ 北浦和本店 店舗情報

アクセス

住  所: 埼玉県さいたま市浦和区常盤10-6-11

交通手段:JR京浜東北線 北浦和駅より徒歩7分

 

営業情報

営業時間:10:00~18:00(カフェは11:00~16:00)

定休日 :水曜日、他

駐車場 :店舗隣に提携駐車場あり(1,500円以上で30分)

 

リンク

◆公式ホームページ

◆公式Facebook

◆公式Instagram

食べログ 

tabelog.com